いぼ切除の方法

医者

いぼをすぐに除去したいのなら手術が1番

いぼは様々な要因で出来てしまうものですが、中にはなぜ出来たのか分からないいぼもあります。特に、ウイルスが原因で発生してしまったいぼは、すぐに治療をしなければいけません。一方初期の段階に出来たいぼであれば、軽い治療で処置出来る事もあります。しかし、重度のいぼは、すぐに病院などで見てもらったほうが良いでしょう。いぼ治療は大きく分けて2つあります。いぼ切除とレーザー治療です。それぞれの特徴についてお話します。
いぼの治療で用いられる事が多いのがいぼ切除の手術です。ピンセットやハサミを使い、いぼを直接切除していきます。レーザーを使用した治療では難しい場所にあるいぼや、薬剤や注射の治療では全く改善出来なかったいぼに有効な治療方法です。いぼ切除の手術を行っている間は麻酔をかけますので、痛みを感じることはありませんし、いぼの発生要因となったウイルスごと取り除く事出来ますので、いぼの再発も抑えてくれます。次に、レーザー治療によりいぼ切除する方法です。いぼの大きさ、状態に合わせてレーザーを照射し、ウイルスごといぼを切除します。こちらも出血、痛みは殆どないのが特徴です。レーザー治療もいぼの再発を抑えてくれる治療法です。このように、いぼ切除には様々な種類があります。ご自分のいぼはどのように切除をすれば良いのか、じっくり検討してみてください。また、いぼの切除は美容外科などで行う事が出来ますので、近くのいぼ切除が出来るクリニックを調べてみると良いでしょう。切除手術とレーザー治療であれば、1度の治療ですぐにいぼを取り除いてくれます。ただし、デメリットもあります。切除手術の場合ですといぼを丸ごとくり抜くので、どうしても傷跡が残りやすくなるので、手術後はガーゼなどで保護をする必要があります。しかし、切除手術だと保険が適用されるので、お得な価格で手術を受ける事ができます。レーザー治療の場合ですと切除手術と違い、保険が適用されず、病院によって料金にばらつきがあるので、カウンセリングの時に治療にかかる費用を確認しておかないといけません。また、いぼができた部位によっては、レーザー治療だけでいぼを除去する事ができない場合もあります。痛みを伴わずにあまりお金をかけずにいぼを治療したい場合は、内服薬を飲んで治す方法もあります。しかし、内服薬だといぼが完治するまでに時間がかかります。早めにいぼを除去するのなら、切除手術とレーザー治療がおすすめです。治療を受ける前にまずは医師に相談をしましょう。いぼの状態によって治療方法はそれぞれ異なりますので、自分の要望や悩みなどをしっかり伝える事で医師が患者に合った治療方法を提案してくれますよ。