いぼの種類

女医

いぼはには様々な種類があるのを知っていますか?じつは、いぼは種類によって発生する場所も変わってきます。まずは、いぼの種類を良く知ってから治療方法の検討をするといいでしょう。

詳しく見る

いぼ切除の方法

医者

いぼは様々な要因で出来ます。中でも、より重度ないぼは、すぐに病院などで見てもらい、すぐにいぼ切除してもらうのが良いでしょう。いぼ治療はメスなどをつかって切除する方法と、レーザーを照射して切除する方法があります。

詳しく見る

いぼ切除までの流れ

女性

いぼは、切除したいと思っても、どこでどのようにいぼ切除をすればいいのか分からないという方も多いのでは無いでしょうか。それなら、ぜひ美容外科でいぼ切除してもらうと良いでしょうか。カウンセリングに行き、美容外科を選ぶと良いですよ。

詳しく見る

いぼを予防するには

看護師

突然出来てしまう事が多いいのは、どのように予防出来るのでしょうか。いぼ切除をしたからといって、予防を怠ってはまた別の場所にいぼが出来てしまいます。ウイルス性のいぼを予防する方法や、加齢いぼを予防する方法などがあります。

詳しく見る

いぼはなぜ出来る?

医者と看護師

放置をしていけないいぼがある

身体に、ボツボツと気になるいぼはありませんか?特に身体の見える位置にあるイボや、顔に出来てしまったイボは悩みになるものですよね。そういった困ったいぼには、すぐに取り除きましょう。ですが、中には、いぼはウオノメやタコと似ている為、これは本当にいぼなのかどうかが分からないという方もいるかもしれません。まずは、しっかり見分けたうえで、いぼ切除を考えると良いでしょう。そもそも、なぜいぼは出来るのでしょうか。いぼは、加齢に伴い出来る場合と、ウイルスによってできるいぼがあります。加齢やウイルス以外にも紫外線や服などの摩擦で出来る場合と様々なのです。まず、加齢に伴ういぼというのは、長い間紫外線に当たることで出来てしまうと言われています。肌は、乾燥や紫外線のダメージを受けると、肌が衰えてきてしまいます。そうするといぼが出来てしまうのです。年齢と共にできるいぼを老人性いぼと言いますが、紫外線に長時間当たって、スキンケアを怠ってしまうと若い方にもできる場合もあります。老人性いぼを防ぐには、できるだけ紫外線を浴びないようにする事です。出かける際に、日焼け止めクリームを塗って、化粧水などで保湿をすればいぼができる心配はありません。ウイルス性のいぼは、免疫が落ちている状態でウイルスが付着するといぼが出来る可能性があります。ウイルスから出来てしまったいぼというのは、放置すると余計に悪化してしまう恐れもあり、危険です。また、顔や体に傷があればそこからウイルスが侵入して、いぼができやすくなるので、怪我をしたら放置をせずに消毒をするようにしましょう。ウイルス性のいぼは、老人性のいぼと違い、他人に感染します。ウイルス性のいぼを持った方が使用したタオルなどを触っただけで、感染してウイルスができる事もありますので、被害が広がる前に早めに切除をすると良いでしょう。ウイルス性のいぼが増えたり、大きくなったりすると切除をするのに時間もかかります。老人性のいぼはウイルス性のいぼと比べて、危険性はないので放置しても大丈夫ですが、もし気になるのであれば、すぐに切除しに行ってもいいでしょう。現在は、美容外科などで簡単に切除することも出来ます。大体は良性のものとはいえ、やはり気になってしまういぼ。これ以上いぼに悩んでしまう前に、ちゃんと病院でいぼ切除を行ってもらう事で、自分の自信にも繋がりますし、何より、気持ちも前向きになれますよ。ぜひ検討してみて下さい。